Page 2 of 18«12345»...Last »
Home > 季節のたより
2017.03.08

クリエーターズ チャリテイ展

3月11日で東日本大震災から丸6年。

今年もクリエイターズ チャリテイ展が開催されますが

今回で一旦終了となります。

 

思えばあの日、悪夢のような出来事に

日本中の誰もが 胸を締め付けられるような思いをしたはずです。

被災した方々にかける言葉も見つからなかった・・

少し落ち着くと思った筈、

自分に何か出来ることはないか

そして私も・・

 

そんな思いをすくい上げてくれる場所が

私にとってはこのチャリテイ展でした。

ささやかではありますが 参加できたことにとても感謝をしています。

 

 

 

復興はまだまだ道半ば

新たな災害もあちこちで起きています

いまだ沢山の人達が苦しみや不安の中にいる

その事を思い続けていくこと

 

 

会場に並べる私の作品です。

IMG_0275

 

 

自分に出来る小さなことを これからも探し続けていきます。

 

2017.03.01

夢・・

3月になりました。

ここ数日はドカ雪が降ったり冷え込んだり

そうかと思えば 今日は小雨がぱらつくほどの暖かさ・・

 

季節の変わり目のせいか 最近よく夢を見ます

少し疲れたり 不安定な時に私は夢を沢山見るようです

 

様々なシチュエーションがあるのですが

私の場合、同じ場面で同じ登場人物が繰り返し出てくることが多いです

イベントの会場、公園 、外国? 学校など など ・・

そこにいる自分と何故かそれを俯瞰している両方の自分がいて

どちらの感情もとってもリアルで そのことに混乱したり

手紙を読もうとして

よく見ると言葉になっていないものが書かれていたり(暗号か?)

簡単な計算がどうしてもできなかったり その他にも色々・・

目覚めてみると 不思議なことだらけですが

その時は夢の中での現実を必死に生きている・・

 

 

夢って 記憶を整理するために見るそうで

夢の中での体験は脳科学的には

実体験と全く同じ脳の働きがあるそうですよ

だから疲れるんですねー

 

 

 

こちらは・・

IMG_0273

 

吉本ばななさんが夢で見たことを書いた本ですが

シュールな物語が沢山あって とっても面白いのです

特に初期の頃の作品を彷彿とさせます

とりとめのない 夢の中での出来事を

こんな風に一つの作品に昇華させるのってやはりすごい才能ですよね

見る夢自体が一般人とはかなり違うような気も・・

そして

原マスミさんの絵も独特の存在感があって

これまた負けず劣らず すばらしい!!

 

2017.02.06

西原の里 作品展

今は厳冬期

出掛けるのがどうしても億劫になりがちですが

お誘いを頂いて 先週の土曜日、久し振りに出掛けてきました!

 

旭川から列車で1時間余り

剣淵町にある西原学園の作品展

image1

 

 

会場の様子です

IMG_0256

 

干支の酉さん

IMG_0245

 

紙のお暇様

IMG_0255

 

 

ロウソク作りのワークショップにも挑戦!

好きな飾りを選んでガラスの器に並べて

ロウで固めて・・

トロピカルなロウソクの出来上がり!

IMG_0264

 

 

 

 

 

 

 

列車の時間を間違えて 急遽バスで行くことに変更

ところが 慌ててしまって降りるバス停を勘違い

会場まで2キロ、雪道を歩いたりと

珍道中となりましたが

貴重な体験が色々出来て とっても楽しい冬の一日となりました ♪

沢山歩いたので 運動にもなりましたしね

 

案内してくれた千景ちゃん、どうもありがとう!

 

2017.01.20

リセットの年

 

新しい年が明けてすでに3週間ほどが過ぎてしまいましたが

今年も昨年に引き続きリセットの年と決めました。

 

昨年は3月に父が亡くなり

6月には窯の入れ替え

7月には右目の白内障の手術をしました。

 

そのため 制作出来ない期間が結構あって

その間、主に実家の整理などをしました。

はじめは、物がありすぎて途方に暮れる日々・・

 

気を取り直し

せっかちな夫にせかされながら

まずは、出来る限り 特に家具など大物で使えそうなものは

もらってくれる人を探しました。

 

 

私は自分で 物に対する執着心は少ない方だと思っていました。

ところがいざ、思い出の詰まったもの 父が作った机や椅子など と

お別れする時は流石に胸がキューンと痛みました

でも、

新たな主人が見つかって父もきっと喜んでくれているはず・・

 

 

今年は 春になったら陶房の方も徹底的に整理するつもりでいます。

なんせ開窯以来 25年間 ほとんど放置状態

近頃は 探し物に時間がかかってしまって・・

これは年齢のせいばかりではない

所在不明のものはないのと同じ  なんてもったいない

と、改めて強く思うこの頃

 

 

 

これをやり終えた暁には 身も心もスッキリして

生まれ変わった気持ちで 新たなスタートが切れる

新しい年を迎えて 強く自分に言い聞かせている私です。

 

P1000432

2016.12.04

窯焚き・・

 

窯詰め中!

img_0048

 

 

 

 

窯焚き中!

img_0077

 

 

 

そして 二日後・・

窯出し

img_0104

 

結果は・・

うーむ  色々 改良の余地あり です

 

2016.11.29

新作

外は雪

静かな時が流れます・・

 

私は 新作続々制作中!

 

img_0036  img_0044  img_0043

 

2016.11.10

父の蔵書

 

父の書斎

天井までズラーと並んだ本・本・本・・・

こんな状態の壁が三面、部屋をとり囲んでいます

p1020946

 

社会科の教師だった父

歴史やエッセイ、哲学書 趣味の野鳥や篆刻、山の本 辞書など・・

一体、何冊あるのだろう・・

 

 

 

子どもの頃から慣れ親しんだこの風景と

お別れする日がついにやってきました!

 

運びやすいように

本を数冊まとめて縛ったり、段ボールの箱へ詰め込んだり

整理するのに3人がかりで3日もかかってしまいました

 

p1020952

 

 

p1020949

 

 

 

先週、雪のチラつく日、図書館の車がやってきて

 

本の束を流れ作業で車に積み込み

p1020957

 

一回では積みきれず 二往復することに

p1020954

 

 

 

きれいさっぱりすべて無くなった・・

p1020963

 

 

 

 

父が大切にしていた沢山の本たち

図書館にもらわれて行って

埃を落とし きれいにお色直しして これからは図書館の本棚へ・・

 

本好きの大勢の人達が手に取り、楽しんでもらえたら

父もきっと喜んでくれることでしょう!

 

2016.10.11

芸術の秋

連休初日の8日、アート好きの仲間4人で行ってきました!

 

砂川にあるイタリアンレストラン 風露

今回の目的は ランチよりも まずは アートガーデンやギャラリーの作品達です。

 

p1020920

 

 

 

庭に埋め込まれた陶 板やガラス玉

p1020924   p1020923

 

 

ギャラリーには

p1020917    p1020916

 

 

 

まるでおとぎ話の世界に迷い込んだような

シュールで不思議な空間に ワクワク ドキドキ

これは みーんなオーナーである内海真治さんの作品です

 

作者ご本人の案内で 更に工房へ・・

そして

イベントや制作のヒントになるお話など色々聞くことが出来ました。

実は 内海さんは 私が陶芸を始める前から知っていて

とっても物知りで頼りになる先輩なのでした。

風露HPは

こちら

 

 

次に向かったのは

美唄のアルデピアッツア

世界的彫刻家  安田侃の作品が点在する美しい公園です。

是非一度来たかったところ

 

 

p1020927

 

 

 

 

自然と現代彫刻とが調和した空間に静かな時が流れます・・

 

 

優れた芸術の前に佇むと 何故か

素の自分と向き合わされてる気持ちになるから不思議です

 

いつかまた、たっぷり時間をかけて歩きたいところ・・

 

アルデピアッツア美唄 HPは

こちら

 

 

この日訪れた 対照的な二つの空間は

どちらも とっても贅沢で とっても魅力的なところでした。

 

芸術の秋を堪能した 宝物ような一日となりました!

 

2016.09.29

木の実たち

9月は暖かな日が続いて 紅葉が例年より遅れている嵐山ですが

今週になって ようやく少しづつ色付いてきました

 

久し振りの休日、北邦野草園を散策

木の実がたくさん実っているを あちらこちらで見つけました!

 

 

 

陶房の庭を探してみると

どんぐりが一杯転がっていました

 

まだ、青いのもありますねー

かわいらしい!

p1020875

 

 

 

こちらは

 

街路樹の下でで見つけた松かさ

自然の造形の美しさに しばし、見とれてしまいます・・

p1020896    p1020897

 

 

 

そして

 

秋バージョンに付け替えた陶房のドアのリース。

ここにも 木の実が一杯!!

p1020906

 

 

 

 

北の丘は 夏の花々から秋の木の実や紅葉へと

日毎 秋色に塗り替えられていくところです・・・

 

2016.09.15

十五夜

イベントを来週に控えて 何かと慌ただしいこの頃、

今日も少し遅くなった帰り道、日はすっかり暮れているのに

やけに明るく感じられて 空を見上げると・・

 

p1020839

 

まあるいお月様がニコニコ笑いながら 私を見下ろしていたのです

なんて大きなお月さま

そういえば 今夜は十五夜ですね

こんな 雲のない 満月のお月さまを見るのは本当に久しぶり・・

 

優しく輝くその様は まるで母の笑顔のよう

色んな事が少しづつ分からなくなっている母、

施設に会いに行くと  それでも

満面の笑顔で私を迎えてくれる母

その笑顔にいつも励まされて帰ってくる私

 

 

 

まん丸笑顔のお月様に見守られ

何だかとっても幸せな気持ちになって

家路についた私です。

 

p1020838

 

Page 2 of 18«12345»...Last »

Copyright(C) 2005 YUKARI TOUBOU