Page 20 of 21« First...«1718192021»
Home > 季節のたより
2009.07.03

夏の香り

 初夏のこの時期、毎日のように聞こえてくるジー ジー ジー という音・・・  

蝉の鳴き声ではありません   草刈機で草を刈っている音なのです。

刈り取られ どんどん倒れていく大量の草が 強い日差しを浴びて乾いていく時に発する 

あの焦げたようななんともいえない いい香り     大好きな夏の香りです ♪

 

 TVでも何度も放送されたワイルダーの自伝的小説が原作の 「大草原の小さな家」。

このシリーズの中に 「長い冬」 という一冊があります。

これは 大人になったローラが父ちゃんと一緒に草を刈るシーンから始まります。

あの頃は無論 草刈機などあるはずもなく 大変な重労働だったに違いありません。 

「干し草は日の照るうちに」  という章で 確か 冬支度のために大量の干し草を作っていた・・・ 

 

 あたり一面には 同じ香りが立ち込めていたのでしょうか?

 

    dscf0228.JPG              dscf0232.JPG   

 

 

 

  今が丁度見ごろのバラの花。 

あちらこちらのお庭では自慢のバラたちがそれぞれに 素敵な色や香りを競いあい 咲いています。 

甘い香りに誘われてやってきた蜂たちも忙しそう・・・

 

  ピアノの詩人 ショパンは ジョルジュ・サンドが作ったバラの花びらの砂糖浸けが大好物だったとか・・ 

 さすがに芸術家の食べるものは違います  きっと素敵な味や香りがしたことでしょうねえ~

 

dscf0235.JPG  

 

2009.06.15

野の花

 まるで梅雨のような今日この頃。

今日は雨の合間を縫って実家の愛犬クリちゃんとお散歩に出かけました。

お散歩の途中ではいろんな野の花に出会います。

私はそのたびに足を止めてその可憐さや命の不思議さに見入ってしまうのです。

 

 

   dscf0214.JPG  dscf0216.JPG  dscf0213.JPG

ルピナスの群生          ハマナス            デイジ-

                                                                                                                                                                                                                           

 丹精込めて育てた豪華な花も素敵だけれど 何故か道端で出会う素朴な花に惹かれます。

 

 私の作品にも度々描かれる野の花  

 さりげなく優しく、それでいて逞しい・・・ 

 私もそうありたいと思っているのですが・・・

 

 7月6日(月)から開催される 花だより 三人展」 でも三人それぞれの作品に素敵な花を咲かせますよ♪ 

            

   dscf0212.JPG 

 

 

 

 

 

 

今日の嵐山。 雨に濡れて 緑が一段と濃いですねえ~。

 

2009.05.14

時は過ぎ行く・・・

 私が子供の頃から30年以上、ずーっと実家の庭に当たり前のようにあったあづま家、

父が丹精込めて創り 守ってきたあずま家、

いろんな思い出がいっぱい詰まったあずま家、 

老朽化のため ついに撤去することに(涙)・・・

 

20090512-004.jpg

この姿も見納め

 

 

20090512-010.jpg

解体にも結構時間がかかります。

 

 

20090512-008.jpg

二日がかりでついに空き地になってしまいました。

 

 

20090512-005.jpg

 それにしてもすごい量の残骸

 

 

時は過ぎ行く・・・ 

そういえば、大好きだったシャンソン歌手金子由香利さんが こんな歌を歌っていましたっけ・・・  

 また、この場所で体験教室が出来るように 計画中!   

 

 

20090512-006.jpg

今日の嵐山。新緑が鮮やかです!

 

 

2009.05.07

春爛漫

  怒涛のようなGWが終わり 周りを見渡すと 正に春爛漫!!

 あちらこちらで春の花が咲き乱れていて つつじもこぶしの花も山桜も全部満開っ!!

 

  ちょっと急ぎすぎではありませんか~ GWは本当によいお天気が続きましたからねえ~

 そ し て 陶房の横では父が植えたチューリップもいっぱい花を咲かせています。

 様々な色や形♪  どの花もみーんなキュート♪  太陽へ向かって今、笑顔満開っ!!  

 

 

20090507-010.jpg  20090507-009.jpg  20090507-012.jpg    20090507-008.jpg    

      

2009.04.12

イースター

 今日はキリスト教の大切な祝日、イースター 復活祭です。

私は決して熱心な信者ではないのですが クリスチャンなので  

 今日は本当に久しぶりに母と教会へミサに行ってきました。

普段よりちょっと改まった身なりをした大勢の信者の方々と一緒に 

まわりの人たちの幸せと世界の平和のために祈りました。 

たまにはこんな静かな時間も必要ですねえ~

 

 復活祭の慣わしで 帰りにはきれいにお化粧した茹で卵が配られます。 

これは信者の方が数日前から工夫を凝らし 心を込めて準備をしたものです。 どれもみんな、素敵♪

 

  

20090412-001.jpg

 

 

 

20090412-002.jpg

 

 

 母は赤と緑の紙に包まれた卵、私は鳥の模様が描かれた卵をいただきましした。 

  帰るなり夫があっという間に食べてしまい せっかくの模様をゆっくり楽しむことが出来なくて残念!!

 

 今日は本当に好いお天気で庭のクロッカスの花も一斉に咲きだして 一緒にイースターを祝っているようでした♪

 

20090411-002.jpg

 

2009.03.25

切ない季節・・・

 暖かな日と寒い日が交互に訪れる今日この頃、

この季節はまた、出会いと別れの季節でもあります。

 

私の陶芸サークルでも去っていく人が・・・

一年ほど前に青森から越してきて新聞の募集の記事を見て入会してくれたHさん。

陶芸はまったく初めてということでしたが、

ほとんど毎回来てくれて黙々と制作に励んでいました。

家族の転勤で今度は札幌へ行くことに。

ようやく粘土にもサークルにも慣れてきた頃だったのでとても残念・・・

短いお付き合いでしたがどうか

お元気で!!そして 出来れば陶芸を続けてほしい!

 

そ し て

四月になればまた新しい出会いが待っているのでしょうか・・・

 

出会いと別れ それは人生そのものなのかも知れません

だ か ら 人生って切ないんですねえ~

 

 

20090122-002.jpg

 

融けた雪の中から現れた去年のエゾアジサイの花

もう生きてはいないはずなのに その可憐さは不思議とそのままで・・

2009.02.12

シバレました!

 昨日の朝は久々にシバレました! 午前6:00の気温が-18度C !!

20090212-002.jpg

    嵐山も凍てついています。

 

20090212-001.jpg

松の枝にもツララが・・・

 

 でも、もう2月も半ば、昼ごろにはすっかり暖かくなりました。

 

 私の窯は実家の敷地内にあるので 私は人生のほとんどをここで過ごしているわけですが、

この自然豊かな環境のすばらしさに本当に気づいたのは この仕事を始めてからですねえ~

 

 以前読んだ本に確かこのようなことが書いてありました。

 人は年齢とともに興味の対象が移り変わっていく

 

      人 ⇒ 動物 ⇒ 植物 ⇒ 鉱物

 

 最後に行き着くのが鉱物だそうでー

では、鉱物を扱う陶芸家は 若い頃から老成している と、いうことなんでしょうか? フーム・・・・

 

 

 

2009.01.22

かわいい訪問者

 冬の朝、 我が家の裏庭には かわいい訪問者がやって来ます。

 それは・・・  エゾリスです。

冬眠しないエゾリスは朝、明るくなると 我が家の窓の下に置いてあるひまわりの種を食べにくるのです。

  

20090120.jpg

 

 

体調おおよそ25センチ その半分が尻尾です。

わき目もふらずに一心不乱に食べる姿は本当にかわいらしい!! 

30分あまりして満腹になるとあっという間に姿を消してしまいます。

そのあとは 待っていました!とばかり、シジュウカラ、シメ、ヒヨドリなどが残り物を食べに訪れます。

時々取り合いになることも・・・

冬の朝、毎日繰り広げられるこのにぎやかな光景が私と夫をとても元気にしてくれます♪                      

                             

 

みんな、必死に生きているんだ!

春までもう少し、私も負けずにガンバロウッと!!

 

2009.01.11

風邪・・・

 トップページでも書きましたが 新年早々に風邪を引いてしまい、

4日間ほど布団の中で過ごしました。しかも実家で・・・

お正月は一人暮らしの母と過ごそうと実家へやってきたら そこでダウン!  

最初は39度の高熱でうなっていましたが 二日ほどして体温が下がってくると

これはこれでそれなりに楽しくすごせました。

 

 母に何十年ぶりかで上げ膳、下げ膳してもらったり♪

 

 読書したり♪

20090110-005.jpg

 

窓の外の景色を眺めたり♪

20090110-001.jpg

 

鉢に水をやったり♪    シンビジウムの花がきれいに咲きました!

20090110-002.jpg

 

 

 

 

 ちなみに陶芸界の怪物、加藤唐九朗の本は体の弱っている時には禁物です!

あのものすごいエネルギーには 頭がくらくらしてまた、熱が上がりそうでした。

ピカソの陶芸を絶賛していたけれど 似たもの同士 ですねっ!!

 

2008.12.20

クリスマスイルミネーション

 まもなくクリスマスがやってきますね!!

ここ陶芸の里でもあちらこちらのお宅でクリスマスの飾りつけがされていて私達の目を楽しませてくれます。

 少しですが 紹介しますね♪

20081220-004.jpg

 

20081220-008.jpg

 

20081220-009.jpg

 

20081220-001.jpg

 

 

20081220-003.jpg

 

 最近は暖かな日が続いていてもしかしたら今年は 雪のないクリスマス なんてことがあるのでしょうか? 

 皆さん、素敵なクリスマスを過ごしてくださいね!!

 暗い話題の多いこの頃、クリスマスぐらいは皆がやさしい気持ちで過ごせますように!!

 

Page 20 of 21« First...«1718192021»

Copyright(C) 2005 YUKARI TOUBOU