Page 5 of 18« First...«34567»...Last »
Home > 季節のたより
2015.07.01

3本の白樺の木

鬱蒼と木々が生い茂る私の実家

そこに聳え立つ3本の白樺の木。

いつの間にかこんなに高くなって・・

P1020072

 

 

あまりにも伸びすぎて危ないと、いう事になり

遂に切り倒すことにしました。

 

先週、朝8時ごろ大きなクレーン車がやって来て

4人でほぼ1日がかりで切り倒し

P1020076

 

 

チェーンソーで次々に切断

P1020079

 

 

 

翌朝、大型トラックに積んで きれいさっぱり運んでゆきました。

あまりの手際の良さに あっけないくらい・・

 

白樺の消えた実家

これで一安心なのですが

まだ緑は一杯残っているのにやっぱり寂しい・・

P1020096

 

父が元気だったら どんなに残念がったことでしょう・・

 

2015.06.08

嵐山で陶芸教室

先週、修学旅行で訪れた札幌の中学生の体験教室がありました。

生徒さんが20人と多かったので

嵐山公園内の施設をお借りしました。

 

 

皆、真剣に制作していますね!

P1020043

 

前の日に採っておいた木の葉  新緑が鮮やかですね

乾かないように湿った新聞紙に挟んでおいたのです

これを器に張り付けて模様にします。

P1020045

 

色々力作が出来ました!

P1020046

 

時間が足りなくて 公園内をゆっくり散策する事も出来なくて残念だったけれど、

皆、粘土の感触と新緑の嵐山を少しは味わってもらえたかな?

 

焼きあがった作品が手元に届くまでひと月ほど

どうぞ楽しみに待っていてくださいね!

 

 

嵐山公園 詳しくは

こちら

 

2015.05.28

春の野の花

 今、陶房の周りでは野の花が満開です

摘んで帰って私の花入れに差しました。

私は手入れの行き届いた華やかな花よりも  道端の素朴な野の花が好き

毎年この季節が巡ってくると 必ず咲くと分かっているのに

やっぱり待ち遠しくて

この花たちにまた出会えたことが 私はたまらなく嬉しいのです!

 

P1020031P1010279dscf0260P1020038

 

2015.05.25

元気の元

 先週は散々な一週間でした。

電気窯の線が な、なんと3回も切れたのです

一回目、1,100度あたりで

二回目、1,140度あたりでまた

三回目、1,180度あたりでまた、また、・・

 

窯のふたを開けて 恐る恐る半溶け状態の作品を取り出すたびに

ショックを通り越して頭の中が真っ白に!!!

そして、

4回目の窯をヒヤヒヤしながら昨日、ようやく1,240度で

無事に炊き終えたけれど

結局、注文品は何度も焼き直したせいで失敗、作り直し・・

 

しょうがないですねー

長年やってて色んなことがあったけれど

窯の線が、続けて3回も切れたことは流石になかった・・

 

そろそろこの窯、寿命なのかも・・

切れるたびに飛んできてくれる窯やのSさんにきいてみると

今のところ他は心配なさそうとのことですが・・

 

 

すっかり心が弱ってしまった私、

活を入れるために行ってきました

 

 

P1020025 P1020026 P1020022 P1020021 P1020027 P1020020

 

どの作品もまっすぐで、生命力に溢れているのです。

ここは、私にとっての元気の元

いつでも励まし、生きる力を与えてくれる場所!

 

 

札幌ともにアート×当麻かたるべアート

かたるべの森美術館

上川郡当麻町伊香牛2区

2015年7月5日(日)まで

10:00〜17:00  休館日 月曜日

 

2015.04.27

雪の美術館

今日の旭川は まるで初夏のような陽気で、 少し汗ばむほどでした。

最高気温はなんと 東京を追い抜いて26、1度の夏日だったのです!

 

そんな中、私が何年振りかで伺ったのが雪の美術館。

この春、私の雪の結晶柄の作品を気に入って下さり、

ショップに置いて頂けることになりました。

GWまでに間に合うようにと、 焼きあがったばかりの作品を

取り急ぎ納めさせて頂きました。

 

 

P1010991

 

 

折角なので 雪の美術館内を見学

P1010985

 

 

お隣の染色美術館も・・

P1010989

 

 

どちらも見応えのある素敵な展示だったのに

時間がなくて駆け足での鑑賞で残念・・

 

 

雪の美術館は昨年、大人気となったアナと雪の女王の影響で

来客がどんどん増えてきているそうです

本当に 神秘的なあの世界にぴったりの空間だと納得!

 

ちょっと気が早いのですが

これから夏へと向かって行く折、

雪の美術館のこの静寂な異空間に浸ると

身も心もクールダウンしてリフレッシュ出来そうです

その時には どうぞショップも覗いてみてくださいね!

 

私も改めてゆっくり観に来ようと思っています。

 

雪の美術館HPは

こちら

 

2015.04.15

桜色の器

陶房の周りの雪が無くなりました。

例年ならGW頃まで残っているのに 今年は2週間も早いのですね。

桜の開花も早まりそうで 今月末の予報とか

嬉しいです。

 

先日、焼きあがったのが これ

P1010955

 

桜色の桜鉢。

 

 

拡大すると

P1010970

 

桜色の地の中に 白い小紋が沢山が散らばっています。

これはチタンの結晶

春らしい 華やかな桜の雰囲気にぴったりですよね!

 

 

 

こちらも

P1010973

 

桜色の花入れ

釉薬の濃いところが金色に光っています。

器と花入れと、どちらも 桜花釉と名付けた同じ釉薬を使っていて

釉薬の厚みや焼き方によって微妙に色合いが変わるのです。

ピンクの顔料を使わずに桜色に発色するのが

つくづく不思議で面白い・・

 

 

 

そして こちらは・・・

 

miuさんで購入したもの

大小の苔玉に それぞれ何やら面白い植物が植えてあります

正に植物のオブジェですよねー

これを私の白い器に入れてみました。

P1010951

 

小さい方の器も桜花釉。

焼き方が変わると真っ白に・・

失敗作なのですが これにはこれで合うかなと。

2015.03.18

早春の訪問者

トントンとドアをたたく音がしたので

私は元気よく「いらっしゃいませ!」と、叫びました。

ドアが開く気配がしないので 確かめに行ってみると

ドアのガラスに写っていたのは 黒いエゾリスのシルエットでした。

ポカポカ陽気に誘われて ここまでお散歩にやってきたのでしょうか

やがてリスさんは 柏の木の幹にポーンと飛び移って行ってしまいまいました。

 

P1010917

 

 

 

冬から春へと移り変わろうとするこの季節は

出会いと別れが交叉する季節でもあります。

そのためでしょうか、

私はこの時期、いつも特別な感慨に襲われます。

季節の移り変わりは なんて人生に似ているのだろう・・

 

 

一遍の詩を紹介しましょう

 

まなび                   谷川俊太郎

 

本を

たくさん

頭の中に

 

アルバムを

一冊

胸の中に

 

そして

出来るなら

天国を

心に深く

わたしはもちたい

 

くるかもしれぬ

独りの時のために

 

 

 

 

詩人がこれを書いたのは弱冠18歳。

すでにしっかりと孤独を見据えていますよね。

 

私は・・

やがて 必ず訪れる独りの時の為に

とびっきりのカップと一輪挿しを作ろうと決めています。

そのためにこれからの日々、精進しようと思います。

 

 

P1010906

 

土手の猫柳の芽も膨らみました。

2015.02.27

お雛様

2月は逃げるといいますが

窯業研修会やチャリテイ展の準備などでバタバタしているうちに

気が付くともう月末、本当にあっという間でした・・

 

さて、今日、花入れを納めさせていただいた施設に伺ったところ

様々な素材のかわいらしいお雛様が飾られていました。

ちょっと紹介しますね

 

布のお雛様    隣は私の小花瓶です。

P1010875

 

ガラスのお雛様

P1010877

 

陶のお雛様

P1010878-001

 

それぞれ違う味わいがあって面白い・・

 

 

そして

こちらも私の野の花柄の大花入れ

春らしい 鮮やかなお花を活けて頂きました。

P1010874

 

 

ありがたいことに、

旭川は例年になく穏やかな気候が続いたおかげで

この冬は風邪も引かずに終わりそうで

これは私にとっては 画期的なこと

 

雪も少なくて 雪解けはきっと早い !

 

2015.02.03

サビタの花

近頃この界隈で話題をさらっているのが つがいのフクロウ。

嵐山の中腹の木のウロにいると聞いて 散策がてら会いに行ってきました。

 

例年なら雪が深くてとても登れない筈の山道なのに

今年は雪が少なくて 長靴だけで全然大丈夫、

可愛いらしいフクロウをしっかり見た後、

せっかくなので少し遠回りをして帰ることにしました。

 

 

途中、突然目に飛び込んできたこの光景

真っ白な雪原にセピア色がよく生えます

P1010857

 

近づいてよく見ると・・

散らばっているのは   サビタの花でした。

 

風雪にさらされながらも もとの姿をしっかり留めていて

凛としたその佇まいに感動です!

 

 

思いがけない真冬の贈り物に

嬉しくなって 夢中で拾って

両手いっぱい抱えて帰ってきました。

 

 

リースに飾ったり

P1010861

 

陶の籠に 活けてみたり

P1010862

 

 

 

サビタという名も エキゾチックで 風情があっていいですね

 

礼文町の仙田美野里さんの 素敵な画像と和歌を紹介しましょう!

こちら

 

2015.01.24

新年を迎えて

もう3週間ほどが過ぎてしまいましたが

新年を迎えて 仕事始めにしたことは

 

まず、仕事場の暖簾の付け替え

P1010849

 

陶房がぱっと明るくなりました!

昨年までいかに汚れた暖簾を掛けていたかということですね

 

 

ギャラリーのボードにお気に入りの年賀状を貼り付けて

P1010850

 

どれも個性的で楽しい・・

 

 

生徒さんへの新年のお土産の包装

P1010847

 

今年は練り込みの一輪挿しにしました。

画像では模様が分かりずらいですね

 

 

そして

今年の抱負について 考えてみましたが

昨年のような失敗をしないようにと

とっても現実的なものになってしまいました。

 

1、確認

2、記録

3、整理整頓

 

特に3の整理整頓、

仕事を能率的に進めるためには欠かせないことで

やはり 断捨離 かな?

バンバン捨ててすっきりしたら

頭の中もすっきりして いいアイデアが浮かぶような気が・・

 

即、実行ですね!

 

生物学者の福岡伸一先生によると

生物は細胞のレベルでは

使えるものまでどんどん捨てることで生き延びてきたそうですよ

 

 

など

あれこれ思い、迷いながら 今年も 始動です!

Page 5 of 18« First...«34567»...Last »

Copyright(C) 2005 YUKARI TOUBOU