Page 1 of 2312345»...Last »
Home > 季節のたより
2020.01.10

年賀状

2020年も 10日が過ぎましたね

 

お正月の楽しみの一つが年賀状!

今年も沢山の年賀状が届きましたが

その中から 特にお気に入りの3枚を紹介します

 

まずはこれ

IMG_2032

 

干支のネズミにちなんで ネズミの仲間を色々描いてくれました

動物好きの彼女、それぞれ表情があって楽しい

手描きの柔らかな線がまた 味わい深いですね ♬

 

そして

IMG_2033

 の文字の道路

結構きついカーブありますね バイクは特に要注意!

見るなり くすっと笑ってしまいました

 

最後は

IMG_2034

 

ネズミが夢中でかじっているのは

令和の文字のチーズ

この大きさではとても食べきれませんよね!

 

他にも素敵な賀状、沢山頂いて

楽しませてもらいました

どうもありがとうございました

 

 

 

ゆかり陶房は 今週から仕事、始まっています

お正月は雪が少なく穏やかで

雪かきもほとんどしなくて済んで

体をゆっくり休めることが出来ました

お陰で 新年早々 仕事がとってもはかどっています

今年はこの調子で 何事も円滑に進むといいなー

 

2019.12.25

降誕祭

今日はキリストの降誕祭、クリスマス

クリスチャンの私は朝、教会へ行きました

日々の幸せを感謝し、世界平和のために祈りました

私の周りには 平和を願う人たちがこんなに沢山いるのに

世界中で悲しい出来事が絶えませんね

私は特に 先日亡くなられた中村哲さんのことを思って祈りました

そして

聖歌も心を込めて歌いました

外国の人達も沢山きていましたよ

 

楽しむだけではなくて

クリスマスの本当の意味を忘れずにいたいですね!

 

 

 

これは祭壇の下に飾られたキリスト降誕のジオラマです

IMG_1980

 

2019.12.02

初冬

11月は割と暖かな日が続きました

勤労感謝の祝日の23日、柔らかな日差しが名残惜しくて

久しぶりに丘の裏道を散歩しました

 

IMG_1967

 

 

ここは以前、愛犬とよく歩いた道です

うっすらと雪に覆われた田んぼ

まだ、雪化粧をしていない遠くの山や木々に

僅かに残った色彩

本格的な冬の訪れ前の一瞬だけ 見られる世界

寂しさだけではなくて ちょっと身が引き締まる感じもして

何とも言えぬ味わいがあります

好きだなあ・・・

 

 

この日は 樋口一葉の命日だったことをふと思い出し 一句

 

うす雪や 小春日和の 一葉忌

 

 

 

目に映る景色はどれもが その時々の心象風景だ

なんて誰かが言ってましたっけ・・

 

2019.11.11

手作りハンコ

 

今日、注文頂いた品を発送しました!

IMG_1943

 

 

 

陶器は壊れ物

細心の注意を払って梱包します

そして

荷造りが終わると 表に必ず貼り付けるのがこのシール

友人が作ってくれた消しゴムはんこを押しています

IMG_1945   IMG_1944

 

 

 

 

手作りならではの暖かさがありますよね

このおかげで 未だかつて発送で壊れたことがないのですよー

 

きっと 担当の人もこれを見て

優しい気持ちになって 丁寧に扱っくれるのでは

なんて 想像しています

発送には欠かせない私の愛用品でーす

IMG_1946

 

2019.10.30

お花とコラボ

今 四人展開催中ですが、

私自身、毎回とっても楽しみにしているのが器とお花のコラボで

今回のお相手は フラワーコーデイネーター 花凛さん です

 

今回の器はそれぞれ 思い入れがあって

 

まず、この花生

テーマは 大正ロマン

IMG_1925

 

これは

初めての試みで

アクセントに金属の銅板を張ってみました

IMG_1913

 

これも新作

トルコブルーの釉薬の小籠

IMG_1914

 

 

 

如何でしょうか?

個性のある器をそれぞれ 素敵に飾ってくださいましたね ♬

お近くの方、

お出かけのついでに気軽にお立ち寄りくださると うれしいです!

 

2019.10.22

緋色の丘

今、嵐山は紅葉真っ盛り!

好いお天気に恵まれた今日は

特に、丘全体が緋色に輝いて見えました!

 

IMG_1890   IMG_1891   IMG_1894

IMG_1892   IMG_1898   IMG_1896

 

 

 

そこで、 一句閃いた !

 

  秋日和 緋色輝く 北の丘

 

 

 

2019.09.29

スカーレット

10月から始まるNHK朝の連続ドラマ  スカーレット

主人公は女流陶芸家という事で とっても楽しみになのですが・・

 

なんと

モデルとなった女性が 信楽の神山清子先生という事が判明!

以前私は、陶芸仲間と先生の窯を訪れたことがあるのです

20年ほど前にお会いした先生は

小柄ながら 働き者の締まった体と

素朴で 意志の強いしっかりしたお顔をしていらしたのを

はっきりと憶えています

 

 

確か 体験させて頂いた作品が・・

ありました!

IMG_1872

 

小さな作品ですが 信楽焼の特徴である緋色がはっきりと出ています

 

 

 

 

戦後、古い因習の残る本州の田舎町で

男性の聖域だった陶芸の窯元を女性が継ぐのは

どんなに大変な事だったでしょう

 

女流陶芸家の草分けとして 新たな道を力強く切り開いていく物語

いよいよ明日から始まりますね

主人公の人生にも陶芸の作品にも ワクワクが止まらない !!

 

2019.09.07

ゆっくりと秋が・・

先週、友人と待ち合わせのために駅に行きました

少し時間があったので 周りを散策していると

ナナカマドの木がうっすらと色づいているのに びっくり!

IMG_1844

 

もうこんなに・・

今年の秋は遅いなあと 思っていたのに

 

 

 

昨日、陶房の周りを歩いていると

すすきが穂を揺らし

IMG_1851

 

我が家の枝豆がしっかりと実っていて

食べごろですね

IMG_1846

 

けれども

どんぐりはまだ 緑色

IMG_1856

 

 

嵐山も

真夏と変わらないように見えますが・・

IMG_1850

 

 

秋は  足音を忍ばせて

ゆっくり ゆっくり 訪れていたのですねー

 

2019.08.22

トルコブルー

お盆が過ぎて 漸く最高気温が30度を下回るようになりました

 

それにしても今年の夏は暑かった!!

この夏は特に休みは取らず 仕事を続けていましたが

頭がボーっとして集中力が續かず 失敗ばかり

これは暑さだけではなくて

年のせいかも と、思ったり・・

 

そんな中で 頑張りました!

 

念願だった トルコブルー

渋い感じに焼き上がりました

IMG_1839

 

 

鮮やかなトルコブルーは素敵だけれど

器に使うには ちょっと難しい・・

釉薬の配合だけではなくて

濃度やかけ方を工夫したりして

漸く狙った雰囲気が出せました

嬉しいっ ♬

 

 

 

 

そういえば・・

12月生まれの私の誕生石は トルコ石

確か

数年前に叔母からプレゼントしてもらった筈

 

探してみると・・

あった!!

IMG_1843

 

 

すっかり忘れてました

私が持っている数少ない宝石の一つ

鮮やかで エネルギーをもらえる色

夏が似合う色ですね

トルコでは 命を育む水の色、聖なる特別な色だそうな

この私にはちょっとまぶしいけれど たまには着けてみようかな?

 

 

2019.07.12

イスラムの陶を巡る旅 Ⅳ

旅の最後は・・

 

猛暑の名古屋から新幹線で梅雨の東京へ

思いの外涼しくて ようやく一息つくことが出来ました

 

小雨降る中訪れたのは 三鷹市 中近東文化センター

 

迷いながらようやくたどり着くと

シャッターが閉まっているのです

ショックを受けてTELすると、予約制とのこと

何とか開けてもらって 見せてもらうことが出来ました

IMG_1807

 

 

会場は私一人の貸し切り状態

紀元前のメソポタミアやエジプトの時代から近代まで

貴重な発掘品や工芸品が 沢山展示してありました

古いやきものの道具もありました

IMG_1805

 

 

これは イスラムの古い陶芸窯を再現したもの

IMG_1804

 

 

 

 

エジプトのファイアンス釉は

イスラムのトルコブルーとはまた違った美しさ・・

上手く撮れなくて画像はないのです

 

帰る時間が迫っていて 途中からは駆け足で回ることに

もう少しゆっくりじっくり見たかった・・

 

帰りの飛行機のなかでも旅の記憶が頭の中を駆け巡り

あっという間に旭川へ着いてしまった感じです

 

 

 

 

イスラムの陶を巡るおばさんひとり旅

お伝え出来なかった所もありますが

訪れた全ての場所が素晴らしく

期待していた何倍もの実り多い幸せな旅となりました

出会ったすべてのものたちに感謝です!

 

この旅で トルコブルーの美しさを改めて実感

今後の作品に取り入れよう 必ず!!

IMG_1810

 

 

 

Page 1 of 2312345»...Last »

Copyright(C) 2005 YUKARI TOUBOU