Page 18 of 22« First...«1617181920»...Last »
Home > 季節のたより
2011.02.14

樹氷

 先週の土曜日、  快晴の朝。    気温はー18度。

ピーンと張り詰めた空気 静寂の中 朝陽を浴びて樹氷がきらきらと輝いていました。

あまりの美しさに かじかむ手で思わずシャッターを切りましたが その輝きを捕らえられなくて残念・・

 

陽が昇るにつれて 純白のその花はあっという間に消えてしまいました。

おそらくこの冬 最後の光景だったことでしょう・・

 

dscf0015.JPG             dscf0042.JPG         dscf0023.JPG 

2011.02.10

うさぎ年

 新年になってもう一月以上経ってしまいましたが 今年はうさぎ年ですよね

昨日、今年初めての出張陶芸教室が 市内の小学校でありましたが

お手伝いをしてくれたちかげさんから 

お正月に京都の実家に里帰りした時の お土産をいただきました。

 

dscf0036.JPG

小さなうさぎのお人形   薄いピンクでかわいらしい・・ 

初詣に行ったんですね、 中におみくじが入っていました。

広げてみると・・      なんと 大吉!   

今年は  きっと いいことがありそう ♪

 

 

dscf0039.JPG

これは 先月まで部屋に飾っていた うさぎの壁掛け。

 

 

dscf0040.JPG

そして 今、注文をいただいて制作中のうさぎ柄の作品達。

これから釉薬をかけて焼くところです。

初めて作ったうさぎのはし置き、

デザインがなかなか定まらなくて 苦労しました。

うさぎ柄は 描いていると なんだか優しい気持ちになれますねー

 

ここ嵐山にもかつては野うさぎがいたようですが 残念ながら 私は見たことがありません。

きっと狐にでも襲われて 絶えてしまったのでしょう。

 

ちなみに ゆかり陶房動物作品 人気の柄は

   Ⅰ   猫

   Ⅱ   うさぎ

   Ⅲ   子犬

 

今年は 陶房の庭にもやってくる小鳥達を描いてみようと 色々 思案中です。

どうぞ 楽しみに 待っていてくださいね!

2011.01.26

冬の疲れ

 しばらく大雪が続いた旭川。

夫も私も 雪かきや屋根の雪下ろしなどで疲労困憊・・

とうとう夫は「頭がふらふらする」と、ダウンしてしまいました。

私も しばらく右足の痺れがとれず、 念のため内科でみてもらうことに。

診察のあと  精密検査となるかと思ったら

先生から

「内科の病気とは考えにくいですね    末梢神経の 疲労と思われます。」

と、言われ ビタミンB12の薬を二週間分処方していただきました。

末梢神経の疲労・・・   初めて聞きました。 こんなことってあるんですね

とりあえず 悪い病気でなくてよかった

夫も私も そういう歳なんだ と つくづく思い知らされました。

 

 今日は久しぶりのほんとにいいお天気! そして丸ごと休日です。

家の中にいるのはもったいなくて 車なら少しぐらい大丈夫と、

母を乗せて 江丹別方面へドライブしました。  

元気のない夫は留守番です。

雪に埋もれた野山、 南側の雪の原が陽を浴びてきらきらと輝いていました。

そういえば 冬至も過ぎて 日差しも少し強くなっているんですね。

過酷だけれど 本当に美しい北国の冬景色。 

疲れた私の心と体に まるで暖かな飲み物のようにしみこんでいきました・・

 

小一時間ばかりの冬のドライブ。

この時期 引きこもりがちな母も 「きれいね 楽しいね♪」 と 気分転換になった様子。 

これで まだまだ続く長い冬を しっかり乗り切っていけそうです。

疲れをためないように そして 時には 気分転換をしながらね!

 

dscf0012.JPG

裏側から見た今日の嵐山。

2011.01.09

白の世界

 3日間ほどしんしんと雪が降り続いた旭川。

見渡すと いつの間にか あたり一面、 モノクロ―ムの世界に・・・   

木々の間からかすかに見える 太陽の光も白。

まるで 墨絵のように静かで美しい・・・

 

dscf0020.JPG    dscf0022.JPG        dscf0018.JPG    

 

 

 昨日購入した てじま ともこ さんの手作り絵本 「しろの木」。

野原にたたずむ 一本の白い大きな木。

その木が光を浴びて様々な表情に輝く様が描かれています。

ページをめくる度に想像を掻き立てられる 素敵な絵本です。

 

dscf0023.JPG    dscf0024.JPG    dscf0025.JPG

 

私は パウル クレーの 「雪が降る前」

という絵に谷川 俊太郎が送った詩を 思い出しました。

 

かみはしろ

かみはゆき

かみはふゆ

えかきはたいよう

ゆきをとかす

 

えかきははる

みどりをぬる

えかきはなつ

あおをぬる

えかきはあき

あかをぬる

そしてまたいつのまにかー

 

えかきはたっている

あたらしいかみの

ゆきのちへいに

 

2011.01.01

大晦日

 大晦日の今日、今年最後の窯出しをしました。

絵付け体験の作品が入っています。

dscf0271.JPG

何とかうまくやけたようですねー

一安心♪ 

 

仕事をしない陶房

シーンと静まり返っていて いつもとは違った感じ・・  

普段は泥だらけのロクロの周りもすっきり片付けてあります。

dscf0260.JPG

 

 今年も色々ありましたが 、一年を振り返って 

ゆかり陶房の三大ニュースを考えて見ました。

 

  Ⅰ  絆ーきらり手仕事展 大成功!       

  Ⅱ  ルーシー・リー展 を観に東京へ

  Ⅲ  若手作家さん達との出逢い

 

どれも 私の心を豊かにしてくれる幸せな出来事でした。

制作を続けていると勿論苦労も多いですが 

時には こんな素敵なことに出会えるんですねー

感謝の気持ちでいっぱいです!

 

 さて、来年は どんな年になるのでしょうか?

色んな事があるでしょうが 表現する喜びをかみしめながら

心を込めて 制作したいと思っています。

 

dscf0261.JPG

大晦日の嵐山。

旭川の積雪は例年の四分の一だそうです。

これから雪の予報はなく 穏やかな年越しとなりそうです。

 

皆様、どうぞ、よい新年を迎えてくださいね!

2010.12.15

忘年会

 今日は神楽陶芸サークルの忘年会。

GIFT展をお休みさせてもらって 私は神楽公民館へ。

今日は 作品の制作はお休みです。

生徒さんたちが腕によりをかけて 作ってきたお料理を 

自分達で作った器に盛り付けていただきました。

皆が楽しみにしている恒例の持ち寄りの忘年会、

器とお料理、どちらもご馳走です♪ 

 

生徒さんは皆 人生の先輩達。 主婦としてのキャリアは相当なもの。

今日ばかりは私のほうが生徒になって 

それぞれのお宅自慢の料理のコツを教えてもらいながら  

一品一品 味わって いただきました。

今年の注目はズンダ餅。枝豆のお餅です。

枝豆を煮てから 一個一個薄皮を丁寧にむいて 摩り下ろして作ったそうです。

枝豆独特の風味がして とてもおいしかったですよー♪

 

dscf0243.JPG

 

 

私はGIFT展でもご一緒している 野の花菓子店さんの 自家製パウンドケーキをお返しに。

 これも コクがあっておいしいと好評です!

 

dscf0244.JPG 

 

 

そして 今年一年が無事に終ったことを感謝し 

又来年も楽しく元気に制作しましょうと話しました。

年々 益々 心から本当にそう思います・・・

 

2010.11.30

冬将軍

 ついにやってきました  冬将軍!! 

今シーズンに入って初めての本格的な大雪が!!

今朝、窓の外を見るとあたりは一面の冬景色!

 

dscf0211.JPG

嵐山も真っ白!

 

今日、朝一番の仕事は雪かきでした。

そのあと こんな日は来客もなさそうなので 陶房中に紙を広げて GIFT展の

絵付け体験用のポスター作りをしました。

たまに 違った仕事をするのも 気分転換になって楽しいものですねえ♪

大勢の方が来てくれますように と 願いながら制作しました。

 

dscf0213.JPG

 

 

今月はありがたいことに暖かな日が続いたので 

冬支度は万全と 言いたいところですが・・・ 

ひとつ大仕事が残っていました。

それは 粘土練りです。

外の樽の中につけてある 再生用の粘土。

急いで練って 陶房に入れてしまわないと

雪に埋もれて カチンカチンに凍ってしまいます。

これがひと仕事なんですよねえ~

樽だけは何とか 陶房の中に運び込んだのですが

ずるずると延ばしているうちに いよいよ本格的な冬に・・

明日こそ 必ずやってしまわなければ ね!

 

2010.10.13

今年の紅葉は・・

 10月も半ばとなり 例年なら 一年中で一番鮮やかで華やかな季節のはずですが

今年は しっかり色づく前にもう 葉が散り始めてきましたねー

嵐山の紅葉も なんだか中途半端な感じ・・

これも暖かさのせい? ちょっと寂しい・・

dscf0110.JPG      dscf0102.JPG

 

 

それでも 丘の裏道を歩いていると 

鮮やかな色の落ち葉があちらこちらに・・

思わず立ち止まり 手にとってじっくり眺めてしまいました。 

ほんとに き れ い! 

自然に勝る芸術は無い! とつくづく思ってしまいます・・

dscf0147.JPG

 

 

 

 

 

 

 

今日はひさしぶりの休日。

先月オープンしたばかりの 大型書店へ行って 

イラストのあまりのかわいさと色合いの美しさに 絵本を買ってしまいました。

季節ごとの野の花の図解と名前の由来や遊び方などを

楽しいイラストで紹介しています。

野の花好きな私の 愛読書になること間違いなし ♪  

dscf0116.JPG

 

野の花えほん    春と夏の花 ・ 秋と冬の花

前田 まゆみ  作

あすなろ書房  刊

2010.10.06

赤い実

 いつのまに もう10月。

朝の気温が10度を下回るようになって ここ北の嵐山でもようやく紅葉が始まりました。

夏の間は目立たずにひっそりとしていた木々の葉も 日ごとに鮮やかさを増して来ています・・

そして よく見ると葉陰には かわいらしい赤い実がいっぱい!

何時のまに こんなに と驚いてしまいました!!

 

dscf0053.JPG dscf0047.JPG dscf0035.JPG dscf0031.JPG

 

 

今日いただいた沢山のトマト。 これも赤。 食欲をそそる色。

同じ赤でも様々な色や形があるけれど どれもおいしそうですねー♪

 

dscf0046.JPG

 

2010.09.15

窯焚き日和

 今朝 午前6時の気温は13℃。 少し寒いくらいです。

カーテンを開けると鮮やかな青空が飛び込んできました。

風もなく 今日は正に窯焚き日和。

 

dscf0051.JPG

少し早めの通勤途中 車の中から嵐山をパチリ。上空には箒で掃いたような雲が・・・

ようやく秋めいて来ましたねー

 

dscf0027.JPG

午前8時。これから灯油窯に火を入れます。

 

今回は 主に夏の体験教室の作品。

焚きあがるまでの14時間あまり 1時間おきに炎の状態を見ながら少しずつ温度をあげていきます。

窯の状態は作品の積み方や気候など様々な条件で 微妙に変わります。

窯焚き中は どうも落ち着かなくて 制作はやめて 陶房の掃除をしたり やきものの本を読んだり

気分転換に 少し散歩したり・・・

 

午後10時半 1250度で無事に止めることが出来ました。 

涼しくなっておおむね順調だったけれど やはり 疲れましたー

 

そして・・・ 

 

dscf0058.JPG

翌々日の朝、100度で窯を開けました。

うまく焼けたかなー

 

dscf0061.JPG 

今年の力作は 中学生の作品、陶の灯り。

制作の時間が足りなくて ちょっと残念でしたが 楽しい作品に焼きあがりましね ♪

 

Page 18 of 22« First...«1617181920»...Last »

Copyright(C) 2005 YUKARI TOUBOU